立ち飲みで定番の飲み物:ビール

立ち飲み

仕事帰りに軽く一杯飲んで帰りたいという人が利用する立ち飲みができるお店がとても人気となっています。

軽く一杯だけ楽しむ人や、バスや電車の待ち時間に気軽に利用するなど、一人でも仲間と一緒にでも気軽に利用できるとあって、人気です。

そんな立ち飲みができる飲食店の定番の飲み物といえば、ビールです。

立ち飲みを利用する人の多くは、仕事帰りや待ち合わせなど、最初の一件目に利用する人が多く、一番最初に飲みたいお酒となれば、やはりビールが人気となります。

ガード下にあるような、昔からある雰囲気のある立ち飲み飲食店ではジョッキに注がれた、国産の生ビールを提供するお店もあれば、若い人や女性に人気のあるようなビストロや洋風の料理を提供するオシャレな立ち飲み飲食店などは、海外の輸入ものを提供するお店も多くあります。

海外の立ち飲み

イギリスやアメリカにありそうな、スタンディングのビアバーを連想させるような雰囲気のあるお店で、いろいろな輸入モノやクラフトものなどを提供するお店もあります。

それぞれ生で提供されることもあり、瓶でそのまま提供するお店などもあり、様々なスタイルがあります。

以前はおでんや乾きものをつまみにサラリーマンを始めとする男性客が圧倒的に利用することの多かった立ち飲み。

今はスタンディングといえども、おつまみが本格的なフレンチやイタリアン、スペインタパスなどオシャレで美味しい料理を提供するお店も多くあるため、男性客だけではなく、女性客や年齢層の若い利用者なども増えています。

スタンディングの良さは、ほとんどのお店で、予約をする必要が無く、自分の予定に合わせられるということと、人が多く、ワイワイとした雰囲気のお店が多く、気軽で楽しいということが挙げられます。

一人カウンターでしっぽり座って楽しむことも良いですが、一人や少人数の場合はスタンディングでワイワイとビールを楽しむといったことがとても楽しいので、オススメです。

また、席が無いため、入れなくて断られるといったことも少ないこともスタンディングの良さです。

立ち飲み

混んでいるスタンディングのお店で楽しむビールは、格段に美味しく感じます。

スタンディングであれば、食事もがっつり頼まなくて良かったり、たくさん飲まなくても良いので、それぞれのペースで楽しむことができます。

会社帰りに上司とミーティングを兼ねながらスタンディングで楽しむといったシチュエーションも多くあります。

スタンディングであれば、長時間になることも少ないので、お互いに気持ちも楽になるケースが多いです。

今、全国的にスタンディングの飲食店が増えており、提供するおつまみなども個性豊かなものになっています。

ふらっと気軽に立ち寄ることができるスタンディングのお店で、美味しいビールを楽しむのはとても心地良く、リフレッシュにもなります。

自分スタイルで自由に楽しむことのできるスタンディングをいろいろなシチュエーションで活用することをお勧めします。

結婚式招待状を送る時期

招待状

結婚式の招待状を送る時期は、結婚式の2か月から3か月前が良いとされています。

この時期の、大安など縁起のいいとされる日に発送するのが通例です。

消印がその日付になるよう、投函時間も調節するのが望まれます。

発送するのが2か月から3か月前であれば、出席者もスケジュール調整がしやすいので、その時期に送るのが一般的です。

もっと前に送るというケースも、後に送るというケースももちろんあります。

しかし結婚式場などのプロがスケジュールを組む場合は、発送の時期は結婚式の2か月から3か月前とします。

招待状には、返信用はがきも同封されます。

そのはがきが戻るのは、投函の1か月後程度になることが多く、その時期に招待客の出欠がわかります。

欠席者があった場合は、他の人に招待状を送ることもあります。

式や披露宴の1か月から2か月前であれば、そうした手配も間に合うので、それも見越して発送時期は決められます。

出席者の数を早めに知る必要がある場合は、返信はがきに返信期限を記載しておくと良いでしょう。

カレンダー

返信期限も、大安など縁起のいいとされる日にするのが基本です。

こうした郵送物の作成に、専門業者を利用するというケースは多いです。

実績のある業者であれば事情に通じていて、さまざまな注意点をチェックしてくれるので便利です。

急に挙式や披露宴をおこなうことになったなどの事情がある場合は、ひと月前に発送するということもありますが、そうしたときには、あらかじめ電話で招待客の出欠の確認をとることが多いです。

そうでないと、出席者の数の目途がつけられないからです。

ひと月前となると、スケジュールを急に調整するのも難しい場合が多いですから、なるべくこうした事態にならないよう、早めに発送したいものです。

招待状を送る前に、住所や宛名を確認するにもかなりの時間を要します。

宛名

特に宛名には気を使います。慶事ですから、字が違っているなどのことで、気分を害したりというようなことは避けたいものです。

気にしない人も多いですが、やはりしっかりと調べて万全の招待状にしてもらったほうが、受け取ったほうは気分がいいものです。

夫婦を招待するような場合は、例え妻側とだけ特に親しくても、夫名で宛名を書いた方が無難です。

招待状はできればポスト投函ではなく、郵便局の窓口で出しましょう。

窓口で出すと、屋内で集荷袋に詰められるため、悪天候であっても封筒が汚れることはありません。

風雨が激しい時などは屋外のポストだと、集荷袋に詰め替える際に封筒が濡れてしまう可能性もあります。

配達の時の天候もありますから、気にしたら切りがないとも言えますが、やはりできる対策はしておきたいものです。

式場の関係もありますから、招待客の出欠はなるべく早めに確定させたいものです。

用意周到に準備し、何事も滞りなく進め、つつがなく挙式披露宴を終えるためには、その道のプロに頼るのが安心です。

よく相談しながら、準備すると良いでしょう。

キリンビール・ギルビー ジン

ビール

ギルビーは現在ではキリンビールが保有するブランドですが、元々は1957年にロンドンで経営が始められたW&Aギルビー社からの流れを汲んでいます。

既に一世紀半以上の歴史を持つギルビージンは、由緒正しいロンドン生まれのドライ・ジンとして今も愛飲者は少なくありません。

ジンは大麦などの穀物類を原材料にした蒸留酒で、アルコール度数は40%前後のものが多く、セイヨウネズによって風味付けされるのが特徴と言えます。

全体的にスッキリとした味わいのものが多いですが、このジンというお酒は、各メーカーが多彩なフレーバーで香り付けをするので、中には飲みにくく感じたりする方もおられるようです。

ギルビージンは、数あるジンの中でも比較的あっさりとした味わいを楽しめる品で、他のジンが苦手な方でも、本品なら美味しく感じる場合もあるでしょう。

風味付けの方法については伝統的なギルビースタイルを、キリンビールが受け継ぐ形で製造しているそうです。

ギルビージンは12種類のフレーバーで香り付けされるのが特徴で、そのレシピは一世紀を超えて伝わっているギルビー社の秘伝とも言われます。

スパイス

セイヨウネズのジュニパーベリーや爽やかなレモングラス、コリアンダーなどのボタニカルが程よく調合され、独特の風味を作り上げるのです。

爽やかさな心地よい柑橘系の味わいを持ち、比較的スッキリしているので、ストレートやオンザロックスでも飲みやすい傾向にあります。

ギルビージンの魅力は、単体で飲んでも美味しいですがカクテル作りにも適正が高い点にあるでしょう。

価格帯もリーズナブルですし、色々な味わいを楽しめます。

清涼感のあるジン・トニックは代名詞的存在ですし、甘みを加えるのも悪くはありませんから、お酒が苦手な方や女性に振る舞うにも適しているでしょう。

ジン・トニックはトニックウォーターで割っただけで出来る手軽なカクテルですが、ギルビージンの魅力を引き出す飲み方ですので、ぜひトライしてみたいものです。

ジンライム

他にはライムやレモンで割るジン・ライムやジン・レモンも、簡単に作れて美味しく楽しめるカクテルとなります。

マティーニなどの本格的なカクテルの原料としても使えるので、ウォッカやブランデーなどと一緒に揃えておくのも悪くありません。

スタイリッシュな瓶なので、ストックしておくとインテリアにも映えます。

W&Aギルビー社のドライ・ジンは、1908年に英仏博覧会でグランプリを受賞したりした功績もあり、世界的に知名度の高い存在となっていました。

時間も国の隔たりも超えて世界中で愛された逸品ですが、今でもキリンビールの販売で楽しむことが可能です。

現在では赤い装いの37.5度と、よりパンチの効いた47.5%の二種が販売されており、好みに応じて選ぶことができます。

キリンビールのお陰で、国内でも割りと手に入れやすいのも長所と言えるでしょう。

イギリス生まれの本物の系譜の味合いを楽しんで見ては如何でしょうか。

結婚式の料理について

結婚式

結婚式の料理を考える時にはまず予算を決めるところから考えるといいでしょう。

上限なしに考えていいというのであれば別ですが、まず一番気になる事は予算というとこになります。

ですので、どれだけの人が来て、どれだけのお金を賭けるのかという事を決めると、そこからメニューを絞り込んでいく事が出来るようになります。

ちなみにですが、一人当たりのゲストの平均的な費用は一万五千円というようにも言われています。

ですが、これを高いと感じるのか安いと感じるのかは人それぞれという事になるのかもしれません。

式場によってもメニューは大きく違いますし、かなり内容にも差があるのが現実という事になるでしょう。

なので、まずは予算を考えてそこから出来るものの中で選んで行くことになるはずです。

フランス料理

次には料理のジャンルを選ぶことになるのですが、フランス料理が選ばれることが多いという事があるようです。

ある調査によれば、半分近くの方がフランス料理をジャンルとして選んでいるという調査もあります。

結婚式ではフランス料理のように見栄えを意識することが多く、見た目を重視している人が選んでいるという事があるのかもしれません。

次に人気となっているのは折衷料理です。

これだと箸で食べることも出来るという事で、ご年配の方が多く来られるような場合には、こうしたジャンルを選択するという事も考えても良いかもしれません。

和食は実はそれほど多くはなく、数パーセントぐらいの方が選んでいるという状況になっています。

これは式場の雰囲気というモノも大きく関係しているのかもしれません。

和食というと結婚式の会場とは少しイメージが違う事があるのかもしれません。

ですが、勿論和食を選んでも問題はなく、自分たちの希望のモノにするのが一番良いでしょう。

結婚式の料理

ゲストの嗜好に合せるといってもゲストの嗜好がそろうような事はまずありませんから、特にジャンルがこれでなければいけないという事は無いはずです。

後はボリュームや内容をチェックして、それほど違和感がないぐらいになっていれば問題ないでしょう。

結婚式なのですから、いたずらに多くする必要もありません。

ただ、あまりにも少ないとケチったという印象を与えてしまうかもですので、ある程度の量は確保しておくぐらいに考えておくと良いかもしれません。

そして、お子さんがゲストの中にいる場合はお子さん用のメニューも用意してもらうようにしましょう。

お子さんがいる場合はアレルギーの有無なども聞いておくといいでしょう。食べられないものを並べても意味がありません。

最近は式場の方でそのような時の為のメニューを用意している事が多いはずです。

こうした代替えのメニューがあるかどうかも調べておくと、そのような事があった時にあたふたしなくて済みます。

オプションとしてちょっとした演出のようなものがあるかどうかも聞いておいて、面白そうなら頼んでみるというのもいいかもしれません。

上司の退職祝いの際に気をつけること

上司

これまでの日々の業務の中でお世話になり続けてきた上司が定年退職を迎え、退職祝いを贈る事になった際にお祝いの相場となり金額はおよそ5千円から1万円が目安です。

長年会社に尽力してきたという功績に加え、あらゆるシーンでお世話になったという感謝の意味も込めて、少額な物ではなく少し値が張る物を退職祝いとして贈るようにします。

ただし、お祝いによって部下の金銭面が切迫するのは良くないので、難しさを感じてしまう時には同僚と話し合い、複数人で協力し合ってプレゼント選びをする事も忘れないようにしましょう。

また、退職祝いというのは品物をお渡しする事だけが目的ではないので、新たなる人生の門出を迎えて頂くべく、見送る側もマナーを把握しておく必要があります。

送別会

単に対象となる上司に対して形式上贈れば良いというものではなく時期も重要な点なのですが、定年退職に関しては送別会が一つの基準になります。

対象の上司を主役として、これまでにお世話になった方や支えてきた有志の方が集まって送別会を開くのが慣例であり、送別会という皆が勢揃いしている場で退職祝いをお渡しするのが最も無難で問題になる事はありません。

しかし、直属の上司や現役時代にあらゆるシーンで支えてくれたり、ピンチな状況から助けてくれたという場合は連名とは別に、個人的に用意して贈るようにしてください。

個人的に贈る時に念頭に置いておくべき決まり事は、連名の品とは違い早すぎるタイミングで贈るとまるで離れられるのが嬉しく感じられてしまう恐れがある事です。

皆が揃っているタイミングで渡す必要が無く、自分と上司さえの都合さえ合わせられると完了させられる事から、できるだけ最終日に近い日にしてください。

のし

そして、品物をそのままの状態でお渡しするという事は無いので、必ずのしをつける事になりますが、定年退職に纏わるお祝いというのは慶事という扱いになるので、紅白で蝶結びが作られている水引を選定します。

のしに書き記す言葉は御祝や御礼が基本になり、場合によってはその下に定年退職といった退職を目的としている事がわかる言葉を付けると良いでしょう。

退職祝いに限った事ではないのですが、のし袋というのは贈る品の金額に見合うタイプを選択するのが決まりなので、簡素なイメージを抱いてしまう様子は選ばないようにしてください。

つまり、退職に際して贈る物は相場が高い傾向にあるので、水引が紙面にプリントされているような簡易的なタイプでは相手方に失礼な印象を与えてしまいます。

物理的に水引が付いているタイプを選び、言わずもがな表面に書く文字は書きなぐるような事はせず、一文字ずつ気持ちを込めて丁寧に書き記していくようにしましょう。

今日ではあまり神経質に考える事は無くなってきましたが、退職祝いでは商品券といったお金に直接的に関係する物は選ばないようにしてください。

上司の事を考えて選択するのが手間に感じたという意味に捉えられてしまうため、物に限定するようにします。

傘寿のプレゼントに最適なシャンパン

傘

傘寿という言葉をご存知でしょうか。長寿のお祝いは還暦から始まり、70歳の古希、77歳の喜寿と続き、80歳のお祝いを傘寿(さんじゅ)と呼びます。

この80歳のお祝いである傘寿はあまり知名度が高くないようですが、人生100年時代を迎える今、80歳を若々しく迎える方も多いはずです。

そんなそんな方々へのお祝いには、ちょっと珍しいシャンパンのプレゼントがおすすめです。

プレゼントで一番好ましいのは、その方の趣味に合ったものだといえるでしょう。

しかしどのような趣味がある方なのかわからない、または編み物やクロスワードといった、趣味に必要なものがなかったりリーズナブルすぎたりすることもあります。

そんな中、どんな人でも喜ばれるものは「美味しいもの」です。

しかし高齢の方だと、いくら健康とはいえ歯が弱くなってしまっておられる方も多く、ごはんのプレゼントはなかなか選ぶことが難しく、また柔らかいものばかりのプレゼントとなっても、気分を害される方もいらっしゃるかもしれません。

シャンパン

ごはんが難しいとなると飲み物、特にプレゼントで失礼にならないのはお酒ではないでしょうか。

おしゃれなお酒ならワインやウィスキー、日本酒等もある中なぜシャンパンなのかというと、お酒が好きな方の場合だと、比較的メジャーなお酒の場合、今まで美味しいお酒をたくさん飲んで来られた高齢の方の御目に適うようなものを用意しようとすると、なかなか入手が困難であったり、手が届かないような金額であるものが非常に多いかと思われます。

またお酒を普段あまり飲まない方だと、アルコール度数によってはせっかくのプレゼントが飲みきれず、迷惑に思われてしまうかもしれません。

そんな中シャンパンを日頃から飲む人は少なく、普段購入しないお酒のプレゼントはお酒が好きな方に喜んでもらえることはもちろんのこと、食前酒としても名高いシャンパンはアルコール度数が低くドライで飲みやすいものも多いため、普段お酒をあまり飲まない方だからこそ一度は味わって欲しいお酒だと言えます。

プレゼントするからには、特別なものを送りたいものの有名な高級品にはなかなか手を出しづらいと思う方も多いはず。

そんな方におすすめなのが、金箔入りです。長寿のお祝いごとには、それぞれ決まった色があります。

還暦のお祝いの色が赤であるのと同様に、傘寿のお祝いの色は基本的に「金茶色」「黄色」だと言われています。

ゴールドにはなかなか手が届かない…と思われる方には、金箔の入ったものがおすすめです。見た目に華やかな分、傘寿にふさわしい贈り物だと言えるでしょう。

紫のシャンパン

また加えておすすめなのが紫色のものです。傘寿のお祝いの色が「紫色」だとされることもあり、こちらの色もおすすめです。

またその色味からお孫さんのSNS映えにもつながるので、ご家族みんなで楽しくお祝いすることができます。

これらはお祝いの色にも合わせた特別なプレゼントになります。また同様に、お名前やメッセージ入りのシャンパンも、比較的お手頃に用意することができます。

プレゼントする方のお名前が入ったシャンパンは飲み終わったあとの容器もきっと大切にして頂けるでしょう。

古希祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子5選

ケーキ

古希祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子の代表がケーキです。これはショートケーキではなく、ホールケーキを選びましょう。

ショートケーキの場合はカットされてしまっているので、メッセージカードなどを添付する事が出来ません。

メッセージカードにはこれからも末永く健康で居て欲しい事を書きましょう。

またホールケーキを選ぶ時ですが、様々なデザイン物がある為、事前にリサーチして置く事が大切です。

ケーキ屋によってはオリジナルデザインのホールケーキを作ってくれる所もあるので、拘る場合にはオリジナルデザインの物を頼んでみると良いでしょう。

次に古希祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子としてお勧めが、バームクーヘンになります。

バームクーヘンがお勧めの理由としては、何よりも柔らかさです。古希を迎える頃になると硬い食べ物を食べるのが辛くなってきます。

例えおしゃれなお菓子でも硬いものは敬遠されてしまうので、バームクーヘンの様な柔らかい物が喜ばれるのです。

またバームクーヘンは年輪を示す形をしており、長生きをしてほしいという気持ちを伝えることも可能です。

カステラ

他にも古希祝いのプレゼントとして、カステラもお勧めになります。

カステラもバームクーヘンと同じく、とても柔らかい食べ物で食べやすく、更に甘さも普通のお菓子と比べて甘ったるい感じではなく、上品な味わいをしているので、グルメな方にも喜ばれます。

カステラは昔からあるおしゃれなお菓子なので、カステラ好きの方が多いのも特徴です。

他にも喜ばれるお菓子として、マカロンが挙げられます。

マカロンは見た目も可愛く、一口サイズの為、とても食べやすくなっており、一つ食べるだけでも満足度が大きいお菓子になります。

またマカロンが流行りだしたのは近年になる為、食べたことが無い方も多く、見た目の可愛さとその美味しさにもっと食べたいと感じてくれるはずです。

サイズが小さいので持ち運びもしやすいですし、誰が見ても興味を持ってくれる目新しさがあるおしゃれなお菓子になります。

チョコレート

最後に古希祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子ですが、チョコレートです。

チョコレートは種類も豊富で嫌いな方はまず居られないお菓子になり、有名ブランドのチョコレートも数多く出ているためです。

同じチョコレートでもブランド物によっては味わうことの出来る味は全く異なるので、お菓子好きの方なら必ず気に入ってくれます。

チョコレートは日本製品だけではなく、海外ブランドのチョコレートも人気のものが多いので、プレゼントをする際にはよく選んでから渡しましょう。

またチョコレートは毎年最新作が出ることが多いお菓子にもなるので、食べた事のない最新作のチョコレートをプレゼントするのも喜ばれます。

チョコ好きの方なら沢山食べる事が出来るように、チョコレートの詰め合わせになっている豪華絢爛なセット商品を贈り物に選ぶのも一つの手段です。

母親の還暦祝いにピッタリなプレゼント5選

赤

還暦は満60歳を迎える方のお祝いです。

現代では60歳といえば若々しく元気に活動していらっしゃる方がほとんどですが、昔は60歳は長寿と言われていました。

還暦といえば赤いちゃんちゃんこが有名ですが、なぜ赤いちゃんちゃんこなのかを説明します。

暦は十干と十二支を組み合わせて数えますが、その暦が一巡するのが60歳なのです。

ですから一巡して赤ちゃんに還るという意味があります。昔は魔よけの意味も込めて赤ちゃんには赤い産着を着せていた時代があります。

そのために赤いちゃんちゃんこになったというわけです。還暦祝いは子どもや孫が集まってお祝いすることが多いです。

家族みんなが集まってお祝いしてくれる、元気な姿を見せてくれるという機会はとてもうれしいものです。

その還暦を迎えた母親にプレゼントすると喜ばれるもの5選は以下です。

赤いバラ

誰もが喜ぶといえばやはりお花です。その鮮やかな色合い、香りは心を癒し、華やかな気持ちにさせてくれるものです。

特に女性はお花を贈られるというのは特別感がありうれしいものです。選ばれる色はやはり赤が多く、赤いバラを60本というのはとても夢があるプレゼントになります。

そして、女性といえばアクセサリーです。真珠のネックレスや誕生石のネックレスなど華やかで豪華なアクセサリーは女性心をくすぐります。

普段家族のために一生懸命で、自分のことは後回しになっている母親は多いものです。アクセサリーの輝きは女性ならではの魅力や美しさを更にアップさせます。

普段自分のために買わずにいた母親にこそ贈りたいプレゼントです。

次にバッグも人気の贈り物です。普段の持ち物はつい同じようなものを買ってしまいがちです。

まだまだ元気で輝いて欲しいという気持ちを込めて、少し高級な、そして普段自分では買わないような色合いのバッグを贈られると気持ちも華やぐはずです。

女性は持つもので気持ちがとても向上する傾向があります。母親の女性としての楽しみや幸福感をぜひアップさせるようなものをセレクトすると良いです。

旅行券

少し趣向を変えると旅行券なども人気です。

毎日の家事や仕事、孫の世話などに追われてゆっくりすることを忘れている母親が多いものです。非日常の空間をプレゼントできるのが旅行で、温泉などが人気です。

そして、最後に近年人気が上昇しているプレゼントがカタログギフトです。

これはグルメからブランド品、インテリア、食器、鍋など様々な種類の品物がカタログに掲載されていて、好きなものを自由に選んでもらえるシステムです。

何をあげたらいいかわからない、好みがわからないといった場合にじぶんで選んでもらうことで満足のいく贈り物となるのです。

そして、カタログを見てワクワクしながら選ぶ時間もとても楽しいという評判です。

このように母親へのプレゼントは、女性ならではの生活や特徴を考えて贈ることで相手を思う気持ちも伝わります。

金額の大きさではなく、愛情や感謝を込めて選ぶことが大切です。

退職祝いで喜ばれるアルバムとは?

街並み

退職祝いのときには、なんらかのプレゼントを渡すことで良い印象を持ってもらうことができるだけでなく、気持ちを伝えることができます。

プレゼントにもさまざまな種類がありますが、形に残るものが嫌ならば例えば食べ物やお酒などをおくるのがよいでしょう。

食べ物は父親が好きなものをよく調べてみて喜びそうなものを手渡すのが良いです。

サプライズならば、本人に直接何が好きか聞くことができませんので、母親などに聞いてみましょう。

特にサプライズでなければ、本人に直接聞いて喜びそうなものを購入するべきです。

せっかく購入するならば、それなりの高級品をおくるとよいでしょう。普段食べることができない高級品ならば、記念品になるうえに本人も喜んでくれます。

もし食べ物でない場合には、どのような商品を選ぶか難しいところです。

アルバムを見る夫婦

もし形に残るものならば、アルバムを制作して渡してみてもよいでしょう。

アルバムに貼る写真は今まで撮影した写真でもよいですが、すでに家族のアルバムの中に入っている写真はそのままにしておきましょう。

例えば、撮影をしたけどもアルバムの中に入っていないものであれば新しく一冊作りそれを手渡すと印象に残るかもしれません。

どの範囲の写真を使うかは問題になりますが、基本的に若かったころの写真から退職する時までの写真をまとめてプレゼントするべきです。特に、会社で仕事をしている時の写真でなくてもよいでしょう。

自営業の場合であれば会社で仕事をしている写真を撮影することは難しくありませんが、そうでなければ会社での写真を撮影することは難しいです。

あったとしても会社の慰安旅行などの写真になりますがそのような写真だとあまりにもサイズが大きすぎてうまくおさまりきらない可能性があります。

しかも集団で撮影している場合には、退職する本人以外の人もたくさん写ってしまいあまりインパクトがありません。

そのように考えるならば、可能な限り会社での写真を集める一方で、足らない時に家族の写真なども入れてみてもよいでしょう。

あまり大きなサイズのものを購入してしまうと枚数が足らなくなる可能性があるため、それほど大きなものを用意しなくてもよいです。

プレゼント

アルバムと一緒に、何かを同時にプレゼントすることで本人も喜んでくれる可能性があります。

食べ物や飲み物の場合は、形に残りませんのでアルバムとの関係上バランスが良いですが、決して高級なものでなくても構いません。

高級なものをプレゼントしてしまうと写真がかすんで見えてしまうからです。そのように考えるならば、1000円程度か2000円程度のもので十分になります。

退職祝いを贈るタイミングは、完全に退職した後でもかまいませんが、まだ退職する前にプレゼントしても問題ないです。

退職前にプレゼントする場合には、退職の期日が決まってから送るようにしましょう。

会社によっては、仕事を辞めたあとでも再び非正規雇用で勤務してほしいと頼まれることもあるからです。

 

 

おすすめの記事→退職祝いで喜ばれるアルバムの作り方|アルバムを贈るメリットやアイデア例

両親の88歳の誕生日にベストな贈り物とは?

米寿

米寿のお祝いのプレゼントは、それ以前の節目に贈る物とは内容が違ってくる傾向があります。

年齢を考慮した考え方も必要になってきますので両親への計画を考える際には熟慮したいものです。

贈り物として選ばれる傾向があるものとしてはまず温泉旅行が挙げられます。

いくつになっても温泉でゆっくりしたいと考えている人も多く、美味しい料理も楽しめますので記念日としても最適です。

自室に本格的な温泉設備を備えている宿も多いですから体力的に移動が難しい場合でも楽しみやすいです。

ただ移動に時間が掛かる距離ですと負担になりますので、あまり遠方への旅を計画するのは控えた方が良いかもしれません。

茶碗とお箸

名入れのプレゼントで特別感を演出するのもおすすめと言えます。

例えば茶碗や箸、湯飲みなど、こういったプレゼントも人気がありますが、しかし買ったそのままの状態では味気なく感じせてしまうものです。

そこでひと工夫、両親それぞれの名前を入れて贈ることで、一風変わったオリジナル品として喜んでもらうことができます。

日用品ですと出番もあり目に触れる機会も多いはずですから実用性も高いです。これまでの感謝の気持ちを似顔絵やメッセージとして贈るのも良いでしょう。

昨今では写真を元にプロから似顔絵を描いてもらえるサービスや、メッセージをデザイン性高く作品にしてくれるサービスも登場しています。

独特のタッチで描かれる似顔絵やメッセージは感謝の気持ちも伝わりやすく、飾っておけますから普段から見て楽しむことができるでしょう。

孫やひ孫などがいる場合は、米寿を迎えた両親に対して似顔絵や手紙などを書いて贈るのもアイデアのひとつです。

両親からすると孫の存在は目に入れても痛くないもので何よりも可愛がっていることもあります。

どんなプレゼントよりも嬉しいと感じてもらえることも多く、積極的に準備したい存在と言えるでしょう。

なお、目が良くないことも多い年齢ですから大きめサイズにすると優しい贈り物になります。

食事会

家族で集まって食事会をするのも喜ばれやすいと言えます。

米寿の人の中には物欲はあまりないということも多く、物を贈られるよりも、とにかく子供や孫などの元気な姿を見たいという声も多いのです。

特に離れて暮らしている場合は意義のあるプレゼントと言えるでしょう。

お祝いに駆けつけてくれたという気持ちだけで嬉しい上、家族みんなが揃うことで充実の時間を過ごしてもらうことができます。

プレゼントを計画する時には頭を悩ませてしまうこともあるものですが、米寿ですと物よりも思い出を大切にしたいという人も少なくありません。

もちろん気持ちのこもった贈り物も喜んでもらうことができますから選択肢としては良いのですが、あまり物ばかりに頼らないことも大切です。

喜んでもらえる贈り物のためには相手の気持ちも汲んであげることが大切ですので、両親はどんな物に対して喜びを感じるのか熟慮した上で判断するようにしましょう。

 

おすすめ記事→両親の米寿のお祝いにピッタリなプレゼントとは?