上司の退職祝いの際に気をつけること

上司

これまでの日々の業務の中でお世話になり続けてきた上司が定年退職を迎え、退職祝いを贈る事になった際にお祝いの相場となり金額はおよそ5千円から1万円が目安です。

長年会社に尽力してきたという功績に加え、あらゆるシーンでお世話になったという感謝の意味も込めて、少額な物ではなく少し値が張る物を退職祝いとして贈るようにします。

ただし、お祝いによって部下の金銭面が切迫するのは良くないので、難しさを感じてしまう時には同僚と話し合い、複数人で協力し合ってプレゼント選びをする事も忘れないようにしましょう。

また、退職祝いというのは品物をお渡しする事だけが目的ではないので、新たなる人生の門出を迎えて頂くべく、見送る側もマナーを把握しておく必要があります。

送別会

単に対象となる上司に対して形式上贈れば良いというものではなく時期も重要な点なのですが、定年退職に関しては送別会が一つの基準になります。

対象の上司を主役として、これまでにお世話になった方や支えてきた有志の方が集まって送別会を開くのが慣例であり、送別会という皆が勢揃いしている場で退職祝いをお渡しするのが最も無難で問題になる事はありません。

しかし、直属の上司や現役時代にあらゆるシーンで支えてくれたり、ピンチな状況から助けてくれたという場合は連名とは別に、個人的に用意して贈るようにしてください。

個人的に贈る時に念頭に置いておくべき決まり事は、連名の品とは違い早すぎるタイミングで贈るとまるで離れられるのが嬉しく感じられてしまう恐れがある事です。

皆が揃っているタイミングで渡す必要が無く、自分と上司さえの都合さえ合わせられると完了させられる事から、できるだけ最終日に近い日にしてください。

のし

そして、品物をそのままの状態でお渡しするという事は無いので、必ずのしをつける事になりますが、定年退職に纏わるお祝いというのは慶事という扱いになるので、紅白で蝶結びが作られている水引を選定します。

のしに書き記す言葉は御祝や御礼が基本になり、場合によってはその下に定年退職といった退職を目的としている事がわかる言葉を付けると良いでしょう。

退職祝いに限った事ではないのですが、のし袋というのは贈る品の金額に見合うタイプを選択するのが決まりなので、簡素なイメージを抱いてしまう様子は選ばないようにしてください。

つまり、退職に際して贈る物は相場が高い傾向にあるので、水引が紙面にプリントされているような簡易的なタイプでは相手方に失礼な印象を与えてしまいます。

物理的に水引が付いているタイプを選び、言わずもがな表面に書く文字は書きなぐるような事はせず、一文字ずつ気持ちを込めて丁寧に書き記していくようにしましょう。

今日ではあまり神経質に考える事は無くなってきましたが、退職祝いでは商品券といったお金に直接的に関係する物は選ばないようにしてください。

上司の事を考えて選択するのが手間に感じたという意味に捉えられてしまうため、物に限定するようにします。