立ち飲みで定番の飲み物:ビール

立ち飲み

仕事帰りに軽く一杯飲んで帰りたいという人が利用する立ち飲みができるお店がとても人気となっています。

軽く一杯だけ楽しむ人や、バスや電車の待ち時間に気軽に利用するなど、一人でも仲間と一緒にでも気軽に利用できるとあって、人気です。

そんな立ち飲みができる飲食店の定番の飲み物といえば、ビールです。

立ち飲みを利用する人の多くは、仕事帰りや待ち合わせなど、最初の一件目に利用する人が多く、一番最初に飲みたいお酒となれば、やはりビールが人気となります。

ガード下にあるような、昔からある雰囲気のある立ち飲み飲食店ではジョッキに注がれた、国産の生ビールを提供するお店もあれば、若い人や女性に人気のあるようなビストロや洋風の料理を提供するオシャレな立ち飲み飲食店などは、海外の輸入ものを提供するお店も多くあります。

海外の立ち飲み

イギリスやアメリカにありそうな、スタンディングのビアバーを連想させるような雰囲気のあるお店で、いろいろな輸入モノやクラフトものなどを提供するお店もあります。

それぞれ生で提供されることもあり、瓶でそのまま提供するお店などもあり、様々なスタイルがあります。

以前はおでんや乾きものをつまみにサラリーマンを始めとする男性客が圧倒的に利用することの多かった立ち飲み。

今はスタンディングといえども、おつまみが本格的なフレンチやイタリアン、スペインタパスなどオシャレで美味しい料理を提供するお店も多くあるため、男性客だけではなく、女性客や年齢層の若い利用者なども増えています。

スタンディングの良さは、ほとんどのお店で、予約をする必要が無く、自分の予定に合わせられるということと、人が多く、ワイワイとした雰囲気のお店が多く、気軽で楽しいということが挙げられます。

一人カウンターでしっぽり座って楽しむことも良いですが、一人や少人数の場合はスタンディングでワイワイとビールを楽しむといったことがとても楽しいので、オススメです。

また、席が無いため、入れなくて断られるといったことも少ないこともスタンディングの良さです。

立ち飲み

混んでいるスタンディングのお店で楽しむビールは、格段に美味しく感じます。

スタンディングであれば、食事もがっつり頼まなくて良かったり、たくさん飲まなくても良いので、それぞれのペースで楽しむことができます。

会社帰りに上司とミーティングを兼ねながらスタンディングで楽しむといったシチュエーションも多くあります。

スタンディングであれば、長時間になることも少ないので、お互いに気持ちも楽になるケースが多いです。

今、全国的にスタンディングの飲食店が増えており、提供するおつまみなども個性豊かなものになっています。

ふらっと気軽に立ち寄ることができるスタンディングのお店で、美味しいビールを楽しむのはとても心地良く、リフレッシュにもなります。

自分スタイルで自由に楽しむことのできるスタンディングをいろいろなシチュエーションで活用することをお勧めします。