結婚式の料理について

結婚式

結婚式の料理を考える時にはまず予算を決めるところから考えるといいでしょう。

上限なしに考えていいというのであれば別ですが、まず一番気になる事は予算というとこになります。

ですので、どれだけの人が来て、どれだけのお金を賭けるのかという事を決めると、そこからメニューを絞り込んでいく事が出来るようになります。

ちなみにですが、一人当たりのゲストの平均的な費用は一万五千円というようにも言われています。

ですが、これを高いと感じるのか安いと感じるのかは人それぞれという事になるのかもしれません。

式場によってもメニューは大きく違いますし、かなり内容にも差があるのが現実という事になるでしょう。

なので、まずは予算を考えてそこから出来るものの中で選んで行くことになるはずです。

フランス料理

次には料理のジャンルを選ぶことになるのですが、フランス料理が選ばれることが多いという事があるようです。

ある調査によれば、半分近くの方がフランス料理をジャンルとして選んでいるという調査もあります。

結婚式ではフランス料理のように見栄えを意識することが多く、見た目を重視している人が選んでいるという事があるのかもしれません。

次に人気となっているのは折衷料理です。

これだと箸で食べることも出来るという事で、ご年配の方が多く来られるような場合には、こうしたジャンルを選択するという事も考えても良いかもしれません。

和食は実はそれほど多くはなく、数パーセントぐらいの方が選んでいるという状況になっています。

これは式場の雰囲気というモノも大きく関係しているのかもしれません。

和食というと結婚式の会場とは少しイメージが違う事があるのかもしれません。

ですが、勿論和食を選んでも問題はなく、自分たちの希望のモノにするのが一番良いでしょう。

結婚式の料理

ゲストの嗜好に合せるといってもゲストの嗜好がそろうような事はまずありませんから、特にジャンルがこれでなければいけないという事は無いはずです。

後はボリュームや内容をチェックして、それほど違和感がないぐらいになっていれば問題ないでしょう。

結婚式なのですから、いたずらに多くする必要もありません。

ただ、あまりにも少ないとケチったという印象を与えてしまうかもですので、ある程度の量は確保しておくぐらいに考えておくと良いかもしれません。

そして、お子さんがゲストの中にいる場合はお子さん用のメニューも用意してもらうようにしましょう。

お子さんがいる場合はアレルギーの有無なども聞いておくといいでしょう。食べられないものを並べても意味がありません。

最近は式場の方でそのような時の為のメニューを用意している事が多いはずです。

こうした代替えのメニューがあるかどうかも調べておくと、そのような事があった時にあたふたしなくて済みます。

オプションとしてちょっとした演出のようなものがあるかどうかも聞いておいて、面白そうなら頼んでみるというのもいいかもしれません。

 

おすすめ記事→披露宴の料理の選び方とは?メニューを決める方法や確認すべきこと