結婚式招待状を送る時期

招待状

結婚式の招待状を送る時期は、結婚式の2か月から3か月前が良いとされています。

この時期の、大安など縁起のいいとされる日に発送するのが通例です。

消印がその日付になるよう、投函時間も調節するのが望まれます。

発送するのが2か月から3か月前であれば、出席者もスケジュール調整がしやすいので、その時期に送るのが一般的です。

もっと前に送るというケースも、後に送るというケースももちろんあります。

しかし結婚式場などのプロがスケジュールを組む場合は、発送の時期は結婚式の2か月から3か月前とします。

招待状には、返信用はがきも同封されます。

そのはがきが戻るのは、投函の1か月後程度になることが多く、その時期に招待客の出欠がわかります。

欠席者があった場合は、他の人に招待状を送ることもあります。

式や披露宴の1か月から2か月前であれば、そうした手配も間に合うので、それも見越して発送時期は決められます。

出席者の数を早めに知る必要がある場合は、返信はがきに返信期限を記載しておくと良いでしょう。

カレンダー

返信期限も、大安など縁起のいいとされる日にするのが基本です。

こうした郵送物の作成に、専門業者を利用するというケースは多いです。

実績のある業者であれば事情に通じていて、さまざまな注意点をチェックしてくれるので便利です。

急に挙式や披露宴をおこなうことになったなどの事情がある場合は、ひと月前に発送するということもありますが、そうしたときには、あらかじめ電話で招待客の出欠の確認をとることが多いです。

そうでないと、出席者の数の目途がつけられないからです。

ひと月前となると、スケジュールを急に調整するのも難しい場合が多いですから、なるべくこうした事態にならないよう、早めに発送したいものです。

招待状を送る前に、住所や宛名を確認するにもかなりの時間を要します。

宛名

特に宛名には気を使います。慶事ですから、字が違っているなどのことで、気分を害したりというようなことは避けたいものです。

気にしない人も多いですが、やはりしっかりと調べて万全の招待状にしてもらったほうが、受け取ったほうは気分がいいものです。

夫婦を招待するような場合は、例え妻側とだけ特に親しくても、夫名で宛名を書いた方が無難です。

招待状はできればポスト投函ではなく、郵便局の窓口で出しましょう。

窓口で出すと、屋内で集荷袋に詰められるため、悪天候であっても封筒が汚れることはありません。

風雨が激しい時などは屋外のポストだと、集荷袋に詰め替える際に封筒が濡れてしまう可能性もあります。

配達の時の天候もありますから、気にしたら切りがないとも言えますが、やはりできる対策はしておきたいものです。

式場の関係もありますから、招待客の出欠はなるべく早めに確定させたいものです。

用意周到に準備し、何事も滞りなく進め、つつがなく挙式披露宴を終えるためには、その道のプロに頼るのが安心です。

よく相談しながら、準備すると良いでしょう。